【ボイトレ】体への正しい負荷のかけ方【具体的な技術の説明】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEEです。

あなたは歌っていて体の一部分に痛みを感じた事はありますか?

間違った発声で歌っていると、体に無駄な負荷がかかり、本来痛くなってはいけない所が痛くなってしまいます。

 

では、どこに負荷がかかっていたら間違いで、どこに負荷がかかっていたら正しいのか?

今回はこれをテーマにお話をしていきたいと思います。

 

体への正しい負荷のかけ方

歌を歌っていて、肩が痛くなる、顎が痛くなる、うなじが痛くなる、胸が痛くなる等、これらは全て間違った発声の時に生じる痛みです。

正しい体の使い方を覚え、発声を改善していきましょう。

 

負荷をかけなければいけない正しい場所とは?

負荷をかけなければいけない正しい場所はです。

なので歌っていて腰が痛くなる事はあります。

吸った息をお腹や背中で支える事で、腰に負担がかかります。

 

逆を言えば、そこ以外にはどこにも力が入らないようにしましょう。

腹や背中で支える事を知らないと、力は体の至る所に分散します。

多くのボイストレーナーはこれに対して「力を抜け、脱力しろ」と言いますが、支えに力を使っていたら喉や胸に力が入る事はありません。

 

呼吸と支えを覚えよう

支えを覚えなければ、正しい発声では歌えません。

またそれが出来なければ、喉声が改善される事もありません。

支えを覚える為には、まず呼吸を覚えましょう。

呼吸をマスターし、その吸った息を腹、背中で支えるという感覚を身に付けなければいけません。

 

呼吸と支えに関する具体的な説明はこちら

【ボイトレ】支えの技術を徹底解説【声を体で支える方法】

2016.07.08

 

歌っていて胸より上の一部分が痛くなった場合は、間違った発声をしている証拠です。

もちろん「歌うと喉が痛くなる」なんて事は絶対にあってはいけません。

そんな状態で歌っていたら、歌い手としての寿命を自ら短くしているようなものです。

正しい訓練を心がけましょう。

 

まとめ

体に正しく負荷をかける事で、正しい発声が生まれる

支えを覚える事が、発声を学ぶ第一歩ですよ!

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA