【ボイトレ】発声の技術習得が、歌声を大きく変化させる【考え方から見直そう】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEEです。

あなたはボイトレに通っていて、歌の上達を感じられていますか?

 

今回は歌の世界で「上達する」というのはどういう事か?

これをテーマにお話していきたいと思います。

 

歌が上達するってどういう事?

まず「何となく前より高音が出しやすくなった」とか「声が前より出しやすくなったような気がする」という曖昧な感覚というのは歌の世界ではありえません。

上達した感覚というのは、もっと明確なものであり、自分が何をどう変化させたかをで理解していなければ、上達したとはいえません。

もしあなたがボイトレに通っていて、「以前より上達してる気がする」という感覚があるとしたら、それは間違いなく気のせいです。

頭と体で理解してこそ、歌は上達します。

 

発声を磨く事が大切

毎日練習をしていても、正しい訓練が出来ていなければ意味がありませんし、喉の寿命が短くなるだけです。

ボイトレに行って、ただ課題曲をこなすだけで、発声の指導が行き届いてないと実感したら、もうその時点で声が育つ事はないでしょう。

 

声というのは歌の上達と共に、どんどん変わっていくものです。

あなたの声はダイヤモンドの原石であり、それを磨き続ける事で輝いていきます。

今は想像もつかない声も、正しい訓練を重ねれば、一声でお客さんをくぎ付けにする声を手に入れられます。

 

正しい訓練とは?

息の使い方、お腹や背中の支え、共鳴、喚声点など、覚えなければいけない技術は山程あります。

そして例え一つの技術がある程度できるようになったとしても、次の課題というのは必ず見つかります。

 

時間はかかりますが、自分の声に簡単に終止符を打たないようにしましょう。

あなたの声はきっとまだまだ育ちますよ!

 

支えに関する具体的な説明はこちら

【ボイトレ】支えの技術を徹底解説【声を体で支える方法】

2016.07.08

 

共鳴に関連する動画はこちら

 

まとめ

こつこつと発声の技術を磨く事が大切

自分の歌声を大きく変えたいのであれば、発声から改善していきましょう!

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA