【ボイトレ】緊張克服!緊張せずに歌う方法!【心のコントロール方法】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(BRAD_LEE19)です。

あなたは人前で緊張して、上手く歌えなかった経験はありますか?

 

緊張して本番でミスしてしまったという経験、多くの方がお持ちだと思います。

今回はそんな悩みを抱えるあなたに、極度の上がり症である私が、独自に編み出した緊張解消法をお話していきたいと思います。

 

緊張克服!緊張せずに歌う方法!

私も極度のあがり症であり、私生活で困る事は多々あります。

もちろん今でも人前に出るのは苦手です。

 

そんな体質なのに歌を始めてしまった自分・・・

始めはとにかく緊張に悩まされました。

 

しかし今はそんな障害とも上手く付き合っています。

人前に出て決められた台本を読んだり、スピーチをしたりする事は苦手ですが、歌は歌えます。

何故ならそれは、心をコントロールする術を身に付けたからです。

 

私の緊張解消法

自分が歌う直前3分前くらいから、私は必ずイメージトレーニングをします。

自分が大勢のお客さんの前で歌っている所を想像します。

椅子に座り、目をつぶり、手を合わせ、とにかく想像します。

 

そうするとその瞬間、物凄い緊張に襲われます。

心臓が飛び出そうなくらい心拍数が上がるのを感じます。

しかし、そのままイメージを続けます。

 

そうすると自然と緊張のピークが過ぎ去り、心拍数が落ち着いてきます。

そしてその状態で本番を迎えます。

これが私の10年以上続けている心のコントロール方法です。

 

場数を踏んで身につけよう

心のコントロール方法は人それぞれですので、私と同じ事をしても効果が無いかもしれません。

なのでなるべく場数を踏んで、心をコントロールする術を自分で身に付ける事が大切です。

 

「緊張して本番失敗してしまった」というのは言い訳になりませんし、そんな事はお客さんにとっては関係ありません。

「緊張」という悩みを早く乗り越え、練習と同じ力を発揮できるようにしましょう。

 

まとめ

場数を踏んで心のコントロール方法を見つけよう

歌い手で極度の上がり症という方はたくさんいます。

あなただけでは無いので、絶対にネガティブにならないで下さいね。

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA