【ボイトレ】凡才が天才に勝つ方法【天才の弱点について】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(@BRAD_LEE19)です。

あなたは自分の事を天才だと思いますか?

それとも凡才だと思いますか?

 

どの分野の世界にも、生まれ持った才能を活かしてその活動(仕事)を行ってる人というのはいるものですが、歌の世界にもこういう人は多く存在します。

ではこういう人達に負けずに歌を歌っていく為にはどうしたら良いか?

今回は天才の弱点と、凡才が生き残る為の方法についてお話をさせて頂きます。

 

凡才が天才に勝つ方法

歌の世界においての天才とは、生まれ持って訓練をしなくても、ある程度音域が広く、音程は寸分の狂いも無く、安定した声をもともと持っている人です。

そういう人達は小さい頃からピアノやヴァイオリンを習っていなくても、もともとの才能で歌えてしまいます。

 

私の畑である声楽の世界にもこのような人達はたくさんいますし、私はそういう人達をたくさん見てきました。

しかし、こういう人達にはある弱点があります。

 

天才の弱点とは?

それは、発声を深く学ばないという事です。

※もちろん全員ではありません。そういう人達が圧倒的に多いという話です。

 

なぜ天才は発声を深く学ばないの?

それは単純な話で、学ばなくても歌えてしまうからです。

努力をしなくてももともと音程が良く、また音域も広い為、高音域で苦しむ事もありません。

 

凡才が天才に勝つ方法

なので凡才の人達が天才の人達に負けずに歌を歌っていく為には、天才の人達よりも深く学び追求をする事が大切です。

天然の産物には、技術で打ち勝つしかないという事です。

 

自分が天才だと思う人は、今よりも上の世界で勝負しよう

このブログを読んでいるあなた、あなたはほぼ確実に凡才です。

もともと良い声を持ってる人、もともと大きい声が出る人はたくさんいます。

しかしそれは歌においての天才とは無関係です。

 

もし本当に自分の事を天才だと思ってる人は、今の環境から抜け出すようにしましょう。

今のあなたは完全に井の中の蛙です。

こういう人は今の環境から脱出して、更に上の世界で戦わなければ、精神的にも実力的にも成長する事は無いでしょう。

 

凡才は天才の百倍努力しよう

凡才は、天才の人達と同じ勉強速度で学んでいたら、確実に歌手にはなれません。

どこの業界でもそうですが、第一線で活躍してる人達のほとんどは天才の人達です。

テレビで歌っている歌手を見て「下手な歌手だな」と思っても、能力的に見ればアマチュアとは雲泥の差があります。

 

なので才能の無い人間がその人達と同じ舞台に立つ為には努力をするしかありません。

天才が行う努力よりも、更に上をいく努力をしましょう。

そうすれば、きっとプロとしての道が開けてくるはずです。

 

まとめ

凡才は天才が行う努力の百倍努力しよう

正しい努力は、必ずあなたを進化させます。

LEE

シェア、よろしくお願いします!

1 個のコメント

  • 歌うイベンターを夢見て、勉強したいと、小西りょうたろうさんを崇拝してる、村田由紀です!興味を持ちました。宜しくお願い致します😊

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA