【ボイトレ】歌の筋肉は歌う事でしか鍛えられない【よくある勘違い】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEEです。

あなたは歌の為の筋肉をどのようにして鍛えていますか?

腹筋トレーニングですか?走り込みですか?

残念ながら歌の筋肉は、そのようなトレーニングで鍛えるのは難しいものです。

 

よっぽど基礎体力、筋力の無い方は、ある程度トレーニングをする必要がありますが、普通の健康な体を持っている方であれば、わざわざ歌の為にそのようなトレーニングをする必要はありません。

ではどのようにしたら歌の為の筋肉を鍛える事ができるか?

今回はこれをテーマにお話をしていきたいと思います。

 

歌の筋肉を鍛える為にはどうしたら良いの?

歌唱力を上げる為に、腹筋トレーニング等をする人も多いと思いますが、歌の筋肉は歌う事でしか鍛える事はできません

もちろん間違った発声で歌っても喉を消耗するだけなので、正しい発声を心掛けながら練習をする事が大切です。

歌の筋肉は毎日練習をする事で、特に横隔膜周辺の筋肉が育ち、そこが正しく使えるようになれば自然と体も大きくなってきます。

 

また声帯周りの筋肉も育ちます。

声帯自体は鍛えられませんが、その周りの筋肉は鍛えられます。

 

逆を言うと歌手は常に歌ってなければ筋肉は弱まり、その状態でいざ歌おうとしたら、上手く声が出ないという事になります。

なので歌手を志す方は毎日歌い続ける事が大切になってきます。

毎日歌い、歌の為の筋肉とテクニックを鍛える事が大切です。

 

肺活量は関係ない

肺活量を付ける為に走り込みなどをする方も多いと思いますが、これもほぼ無意味です。

「歌は肺活量を付ける事で声量がアップし、息も長く続くようになる」というのは間違いです。

大切なのは発声の技術です。

 

発声の技術を磨く事が最も大切

正しい発声の技術を身に付ける事で、声量もアップし、息も長く続くようになります。

なので歌が上手くなりたい方は、筋肉トレーニングや走り込みをするのでは無く、とにかく発声の技術を身に付ける事が大切です。

発声の技術を身に付ければ、必ずご自分の理想とする歌声を手に入れる事が出来ます。

 

まとめ

歌の筋肉を鍛える為には、正しい発声を心掛けて練習する事が大切

なるべく毎日練習する事が大切です。

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA