【ボイトレ】喉を強くする為にはどうすれば良い?【枯れない喉を作る為の方法】

一問一答!

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(@BRAD_LEE19)です。

今回も読者様のご質問にズバズバ答えていきます!

 

今回のご質問はこれ!

名前: ユウキ

性別: 男性

相談・質問のタイトル: 喉の強さ

相談・質問の内容: 僕は、喉がとても弱くてちょっとしゃべったり、歌ったりしたら、声がかすれてきます。たまにどんなに歌っても、声が枯れない人もいるので、どうやったら喉が強くなりますか?歌いたいときに歌えないのが辛いです。

ユウキさん、ありがとうございました!

 

喉が強くなる方法という事ですね。

仰るとおり、確かに喉は生まれつき強い人もいれば、弱い人もいます。

なので喉が強い人に比べたら、当然喉が弱い人の方がハンディキャップを背負う事になります。

 

しかし、だからと言って劣等感を感じる必要も無ければ、諦める事もありません。

ではどうしたら、喉が強くなるか?

詳しくお答え致します。

 

喉を強くする為にはどうすれば良い?

始めに申し上げますが、喉を強くする為の方法はありません。

しかし枯れにくい喉を作る為の方法はあります。

 

なので「喉が弱い」という事でお悩みの方は「喉を強くしよう」という考え方では無く、「枯れにくい喉を作る為の発声技術を習得しよう」という風に考え方を変えるようにしましょう。

そしてその技術を習得する為には、まず正しい知識を持つ事が大切です。

 

なぜ喉を強くする事は出来ないの?

喉は正しい発声を行う事で、自然と声帯周辺の筋肉が鍛えられる事はありますが、声帯を鍛える為の練習をして声帯が鍛えられる事はありません。

なぜなら声帯とは非常に薄い膜で出来ており、「一回のくしゃみで結節が出来る場合もある」と言われる程デリケートなものだからです。

なので悪い発声で歌い続けてればすぐに炎症を起こし、最悪の場合、声帯結節はもちろん、ポリープを作ってしまう恐れもあります。

 

枯れない喉を作る為の方法

このように、声帯を鍛える為の練習をして声帯が鍛えられる事はないので、まずは正しい発声を習得する事が重要になります。

 

正しい発声を習得する為に必要な事とは?

  • 喉(舌根)を下げる事
  • 軟口蓋を上げる事
  • 息を正しい場所で吸う事
  • 息を深く吸う事
  • 声を体で支える事

 

等々です。

しかしこの中で「喉を守る手段」として最も直接的に関係するものは、喉(舌根)を下げる事です。

 

喉(舌根)は下げる事で、声帯の疲労が軽減される

喉は下げて発声をする事で、声帯がリラックスした状態で使えるようになります。

逆に喉が上がった状態で発声をすると、声帯の締まりは強くなり、疲労しやすくなります。

 

なので枯れない喉を作る為に最も重要な事は「喉を下げた状態で歌える技術を身に付ける事」という事になります。

一見「それだけ?」と思うかもしれませんが、初心者が突然喉を下げて発声を行うと、声が喉で止まってしまい、変に太い声になってしまうものです。

 

どうしたら喉を下げた状態で、まともに歌えるようになるの?

その為に必要な事が、

  • 軟口蓋を上げる事
  • 息を正しい場所で吸う事
  • 息を深く吸う事
  • 声を体で支える事

という事になります。

 

軟口蓋を上げる為の技術的な説明はこちら

【ボイトレ】軟口蓋を上げて鼻腔共鳴を手に入れよう【喉声を改善する方法】

2016.07.16

 

呼吸と支えに関する技術的な説明はこちら

【ボイトレ】支えの技術を徹底解説【声を体で支える方法】

2016.07.08

 

結局は基礎が大切

技術というのは全てが連動しているので、例え「これだけ出来るようになりたい!」というものがあったとしても、結局は基礎から始めなければ何も習得する事ができません。

たかが喉を下げて歌うと言っても、呼吸や支えなど一つずつ技術を習得していかなければ、低音域から高音域まで安定してその状態で歌えるようにはならないという事です。

なので本当に「強い喉を手に入れたい」と思うのであれば、これらの技術を習得する為に、日々練習をする事が大切です。

 

まとめ

枯れない喉を作るためには、喉(舌根)を下げて歌えるようにする事が大切

これが出来るようになれば、今より一日に歌える時間が数倍長くなりますよ!

 

このご質問についてYouTubeチャンネルでも取り上げました!
是非ご覧ください♪

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA