【ボイトレ】歌う前のウォーミングアップ【発声、体操とストレッチの効果】

一問一答!

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(@BRAD_LEE19)です。

今回も読者様のご質問にズバズバ答えていきます!

 

今回のご質問はこれ!

名前: 江戸の藤

性別: 男性

相談・質問のタイトル: ウォーミングアップ

相談・質問の内容: 歌う前のウォーミングアップはどうしていますか?
何をするのが、効果的ですか?

江戸の富士さん、ありがとうございました!

 

歌う前のウォーミングアップという事ですが、大切なのは「歌う前に何をすれば声が出しやすくなるか?」また「何をすれば声帯に負担をかけずに歌う事ができるか?」という事になります。

なので今回はこのような事と、また筆者である私自身がどのような事をしているのか、という事も含めてお話をさせて頂きます。

 

歌う前のウォーミングアップ

まず歌う前にウォーミングアップとして最も重要な事は発声(声出し)です。

私自身もこれは必ず行いますが、声はこれを行う事で出しやすくなり、また声帯の負担も軽減されます。

 

なぜ発声を行うと声が出しやすくなり、声帯の負担が軽減されるの?

まず声帯とは発声を行うことで充血します。

そしてこの充血してる状態こそが最も声が出る状態になるからです。

 

なので大切なのは、突然大きな声で歌い出すのではなく、徐々に声出しをして声帯が充血してる状態を作る事です。

これをまだ充血していない状態(準備が出来てない状態)で、大きな声を出したり、高音を張り上げたりすると、声帯はびっくりして炎症を起こしてしまいます。

 

体操とストレッチの効果

私は声楽(オペラ)の畑で歌い続けていますが、実は声楽家のほとんどは、体操やストレッチをほぼ行いません

オペラの現場で、声(歌)の為に一生懸命体操をしてる人はほとんど見た事がありません。

そして私自身も風呂上がりのストレッチ以外はほとんど体操を行いません。

 

※もちろん歌の為に体操、ストレッチやヨガなど必死に取り組んでる人もいると思います。

私が申し上げているのは、あくまでそういう人達が圧倒的に多いという事です。

 

では体操やストレッチは無意味なの?

決して無意味な訳ではありません。

それは行わないより行った方が、使える範囲が増えるので行った方が良いでしょう。

 

ではなぜ声楽家は体操、ストレッチを行わないの?

それは、体操やストレッチを行った所で大きな変化が生まれないからです。

「大きな変化が無くても、多少の変化があるなら行った方が良いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、自分には分からないくらいの多少の変化では人は頑張れないものです。

発声自体の改善など、明らかに変化が感じられるものに関してはいくらでもストイックになれますが、変化があるのか無いのか分からないものに関しては、ストイックになれないという事です。

 

まとめ

歌う前は発声を必ず行う事、そして出来れば体操やストレッチも行った方が良い

発声に関しては、少し発声をすればすぐに声が出る人、または長時間かけてたくさん発声をしなければなかなか声が出るようにならない人など、人によって様々です。

これは経験をしていく上で分かるようになるものなので、たくさん経験をして、自分という楽器を正確にコントロール出来るようにしましょう。

 

このご質問についてYouTubeチャンネルでも取り上げました。
是非ご覧ください♪

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA