【ボイトレ】喉頭を下げる事で生まれる3つのメリット【喉頭を下げて歌う方法】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(@BRAD_LEE19)です。

あなたは歌う時、喉頭を下げて歌ってますか?それとも上げて歌ってますか?

喉頭の位置を正しく理解して歌わなければ、体をフルに使った声は出るようになりません。

 

では喉頭はどの位置で歌ったら体と繋がるようになるのか?

またどうしたら正しい位置で歌えるようになるのか?

今回はこのような事についてお話をさせて頂きます。

 

喉頭を下げる事で生まれる3つのメリット

まずそもそも喉頭ってどこ?と思う方も多いと思いますが、喉頭は喉仏がある所です。

歌を歌う時というのは、この位置を上手くコントロールする事で、色んな声が出せるようになります。

 

歌を歌うときの正しい喉頭の位置

では生理的に正しい位置で歌を歌おうと思った時、喉頭はどの位置にあるのが正しいか?

それはなるべく低く下げた所が正しい位置になります。

 

なぜ喉頭は低く下げた方が良いの?

その理由は3つあります。

  1. 喉頭腔が共鳴し、豊かな響きを生み出す事ができる。
  2. 声帯がリラックスした状態で使えるようになるので、喉が枯れにくくなる。
  3. 喉声では無い、体と繋がった声が出せるようになる。

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

1.喉頭腔が共鳴し、豊かな響きを生み出す事ができる。

喉頭腔とは、体内に存在する共鳴腔の一つです。

歌い手はこの共鳴腔をうまく使う事で、力強くて響く歌声が手に入ります。

 

共鳴腔に関する具体的な説明はこちら

【ボイトレ】共鳴腔を使って力強い歌声を手に入れよう【中音域からの具体的な発声の方向性】

2016.07.14

共鳴に関連する動画はこちら

 

2.声帯がリラックスした状態で使えるようになるので、喉が枯れにくくなる。

初心者の場合、喉頭を上げて歌う方が多いものですが、この状態だと声帯の締め付けが強くなり、喉は枯れやすくなります。

単純な話、喉頭は上げて歌えば声帯の締め付けが強くなり、下げて歌えば声帯の締め付けが弱くなるという事です。

特に高音域は喉頭が上がりやすく、声帯を疲労させる一番の原因になりますので、必ず下げて歌える技術を身に付けるようにしましょう。

 

3.喉声では無い、体と繋がった声が出せるようになる。

1番と2番でも申し上げた通り、喉頭は上げて歌うと響きの乏しい声になり、また声帯の締め付けも強くなり過ぎてしまいます。

なので逆を言うと、喉頭は下げれば、喉が開きお腹から声が出てるように聴こえる訳です。

 

喉頭を下げて歌う方法

ではどうしたら低音域から高音域まで、喉頭を下げて歌えるようになるか?

その方法として、舌根を下げるように意識しましょう。

なぜなら、喉頭と舌根というのは連動しているからです。

なので舌根を下げれば、喉頭が下がるようになるという事です。

 

あくびをする感覚

またあくびをするイメージも有効です。

あくびをするイメージを持つことで、舌根が下がり、喉頭腔を広く確保しやすくなります。

 

あくびの感覚についてYouTubeチャンネルで具体的に話してます。
是非ご覧ください♪

 

支え

発声の基本でもありますが、やはり体で支える事を覚えなければ、低音域から高音域まで喉頭を下げて歌えるようになりません。

なので体の使い方を正確に覚える事が大切です。

 

支えに関する技術的な説明はこちら

【ボイトレ】支えの技術を徹底解説【声を体で支える方法】

2016.07.08

 

まとめ

喉頭は下げる事で、生理的に正しい発声で歌えるようになる。

どのジャンルの曲を歌うにしても、このような事は必ず覚えなければいけない発声技術です。

一生健康な喉で歌い続ける為にも、必ず身に付けましょう。

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA