【ボイトレ】音程を改善する為の根本的な方法【カラオケの音程正確率に頼ってはいけない】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(@BRAD_LEE19)です。

あなたはカラオケで採点を行うと「音程正確率」というのが出るのをご存知でしょうか?

 

この音程正確率を頼りにして音程正確率を上げていこうと考えてる方々が多くいらっしゃるようですが、このような考えは決しておすすめしません。

なぜならそれで音程が良くなる事は絶対にあり得ないからです。

 

ではなぜカラオケの音程正確率に頼っても音程は良くならないのか?

またどうしたら正しい音程で歌えるようになるのか?

今回はこのような事をテーマにお話をさせて頂きます。

 

音程を改善する為の根本的な方法

そもそも音程というのは、カラオケの音程正確率だけでなく、第三者に「そこの音程が悪い」とか「音程を改善しろ」と言われて改善できるものではありません。

 

ではどうしたら音程を改善する事ができるの?

それは、まず自分の声(音程)を自分で聴くことが大切です。

 

音程というのは、ボイスレコーダーなどで自分の声や歌を録音して、実際に自分の耳で聴き、

・どこの音域で頻繁に音程が悪くなるのか?
・どうして音程が悪くなったのか?

など、そういった失敗点を自分で確認し考えなければ、根本的な改善は見込めません。

 

もちろんカラオケで練習する事が悪いとは言いません。

しかしそれならば採点機能を切り、ボイスレコーダーで録音し、一曲歌い終わったら自分の歌を聴く、また一曲歌い終わったら自分の歌を聴く、という風に自己反省会をして下さい。

その方が確実にスキルアップに繋がり、音程が良くなります。

 

また音程が悪いといっても、高くなるのか低くなるのかで、対処法も変わってきます。

なのでそういう事も含め自分で意識し、真剣に音程と向き合うようにしましょう。

 

耳を磨く事が大切

「歌が上手くなる」とか「正しい音程で歌えるようにする」というのは、正しい耳を持つ事でもあります。

それは決して機械に向かってがむしゃらに歌って磨かれるものではありません。

常に自分の耳で聴き、時に人に聴いてもらう事で、徐々に磨かれるようになるものです。

 

正しい発声を身に付けよう

また音程は、正しい発声を身に付ける事で改善されるようになります。

世の中には、正しい発声を学ばなくても、もともと正しい音程で歌える人が多く存在しますが、それはあくまで特殊な人間です。

そうじゃない人は、まず正しい発声を身に付けなければ音程は改善されません。

 

発声と音程に関する詳しい説明はこちら

【ボイトレ】発声を改善しなければ音程は良くならない【考え方から見直そう】

2016.09.07

 

正しい発声に関する技術的な説明はこちら

【ボイトレ】発声の基礎から応用までを徹底解説!【正しい発声方法と理論の説明】

2016.10.09

 

技術的な改善を心掛けよう

正しい音程で歌えるようにする為には、ボイスレコーダーで自分の歌を録音して、それを聴き、技術的に音程を改善していく事が大切です。

間違った練習方法ではいつまで経っても音程は良くなりませんので、正しい知識を基に、正しい練習を心掛けましょう。

 

まとめ

自分の歌を自分で聴き、技術的に音程を改善する事が大切

歌い手にとってボイスレコーダーは必須アイテムです。

一人で練習する時も人前で歌う時も、必ず録音して、常に自分の声と向き合うようにしましょう!

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA