【ボイトレ】自分の声を活かして声量を上げる方法【発声の基礎を覚えよう】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(@BRAD_LEE19)です。

あなたは歌を歌う上で、ご自分の声量に満足していますか?

 

声量というのは、正しい訓練を行うことで増す事ができるものですが、それは決して喉で張り上げて行うものではありません。

ではどのようにしたら、自分の声を活かしながら声量を上げる事が出来るようになるか?

今回はこれをテーマにお話をさせて頂きます。

 

自分の声を活かして声量を上げる方法

声量とは、口内に存在する共鳴腔を響かせる事で生まれるものです。

 

【共鳴腔(きょうめいくう)とは?】

体内にある、声が共鳴する部分。

主に歌においては、

  1. 喉頭腔
  2. 口腔
  3. 鼻腔

を響かせる事が重要です。

 

共鳴腔を響かせる為にはどうしたら良いの?

共鳴腔を響かせる為には、喉(舌根)を下げ軟口蓋が上がっている状態を口の中で作らなければいけません。

 

喉を下げる為の具体的な説明はこちら

【ボイトレ】喉頭を下げる事で生まれる3つのメリット【喉頭を下げて歌う方法】

2016.12.11

軟口蓋を上げる為の具体的な説明はこちら

【ボイトレ】軟口蓋を上げて鼻腔共鳴を手に入れよう【喉声を改善する方法】

2016.07.16

共鳴に関する動画はこちら

 

なので喉が締まっている所で張り上げても、声量が上がる事はありません。

よく発声を学ぶ上で「喉を開けて」と言われるものですが、これは先程も申し上げた通り、喉(舌根)が下がっていて、軟口蓋が上がってる状態の事です。

これを常に意識し、また歌の中で維持できるようになれば声量も上がります。

なので声量をアップしたい方は、まず喉を開ける事を覚える事が大切です。

 

喉を開ける為の具体的な説明はこちら

 

基礎を身に付ける事で声は育つ

基礎とは正しい喉の形を保つことはもちろん、体を使って歌えるようにする事です。

その基礎を徹底的に作るから声が育つわけで、基礎を作らなければ声は育ちません。

なので自分の声を活かした声量というのも、これを継続して学ぶ事で得られるようになるという事です。

 

スポーツも歌も同じ

スポーツでフォーム改善の為に素振りというものをよく行いますが、歌も同じでフォームを身に付ける事が大切です。

そのフォームが身に付いたら、そのフォームの中で自由に遊べるようになります。

 

歌はこのようにフォームを身に付けることや、練習をして基礎を身に付けるという事が軽視されがちですが、スポーツと同じで、このような訓練を日々続けていれば必ず上達に繋がります。

地道な訓練の積み重ねにはなりますが、正しい知識を元に技術を磨きましょう。

 

まとめ

自分の声を活かして声量を上げる為には、基礎を磨き、喉を開けるための技術を覚えること

喉で張り上げて声帯を壊さないように気を付けましょう。

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA