【ボイトレ】地声で高音域を出す時の正しい発声方法【共鳴を使った地声の出し方】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(@BRAD_LEE19)です。

あなたは普段歌うとき、正しい発声で高音域を出す事ができてますか?

 

間違った発声で高音域を出していたら、声帯はすぐに疲労してしまいます。

ではどのようにしたら、正しい発声で高音域を出せるようになるか?

今回はこのような事についてお話をさせて頂きます。

 

高音域を出す時の正しい発声方法

「高音域が苦手なんですけど、どうしたら出せるようになりますか?」

昔からSNSでこのようなご質問をたくさん頂きます。

  • 地声で出したいのか?
  • ミックスボイスで出したいのか?
  • 裏声(ファルセット)で出したいのか?

 

このように「どのような種類の声を出したいのか?」によっても話が変わってきますが、今回は最も声帯に負担のかからない「共鳴を使った地声の出し方」についてお話をさせて頂きます。

 

共鳴を使った地声の出し方

ではどうやったら高音域で、共鳴を使った地声が出せるようになるか?

それはまず、喉頭を下げ、軟口蓋を上げる事が大切です。

喉を開け、響かせるイメージで歌うようにしましょう。

 

喉頭を下げる為の技術的な説明はこちら

【ボイトレ】喉頭を下げる事で生まれる3つのメリット【喉頭を下げて歌う方法】

2016.12.11

軟口蓋を上げる為の技術的な説明はこちら

【ボイトレ】軟口蓋を上げて鼻腔共鳴を手に入れよう【喉声を改善する方法】

2016.07.16

喉を開ける感覚に関する具体的な説明はこちら

共鳴に関連する動画はこちら

 

中音域から改善していく事が大切

また喉を開けて高音域を出すためには、高音域より下の音域である中音域」から改善をしていかなければいけません。

この音域は発声において一番難しい音域なので、地道にこつこつと訓練をする事が必要です。

 

正しい中音域の出し方

中音域というのは、ご自分の中で「だんだん音が高くなってきて苦しい」と思うようになった所です。

もちろん高音域よりも少し手前の音域になります。

ここからは少し飲み込むような感覚で、発声の方向を後ろに持っていきましょう。

 

例えば息を素早く吸ってみて下さい。

喉頭(喉仏)が下がりますよね?

その感覚を利用して、中音域から高音域まで歌って頂きたいという事です。

 

またこのとき注意して頂きたいのが、声が喉で止まらない事

後ろに引っ張った声は、必ず喉の奥を通って、前に出てこなければいけません。

 

声を前に出すための技術的な説明はこちら

【ボイトレ】曲線的なイメージを持って発声しよう【具体的な技術の説明】

2016.09.06

 

高音域を出す時の、体の使い方について

世の中には「脱力」という事だけで高音域を出させるメソッドが多く存在しますが、これは間違いです。

不必要な力は脱力しなければいけませんが、支えには大きな負荷がかかるものです。

なので中音域も高音域も、とても体の力が必要となります。

「脱力」の一点張りでは、喉に過剰な負荷がかかってしまうので、そうならないように、呼吸支えから丁寧に練習をするようにしましょう。

 

呼吸と支えに関する技術的な説明はこちら

【ボイトレ】支えの技術を徹底解説【声を体で支える方法】

2016.07.08

 

まとめ

ご自分の中音域の位置を正しく把握し、発声の方向性をうまく変えていこう

ご自分の中音域の位置を正確に知りたい方は、ぜひ一度お声を聴かせてくださいね!

 

ミックスボイスで高音域を出す方法はこちらの動画をご覧ください♪

ミックスボイスに関連する動画はこちら

 

裏声(ファルセット)で高音域を出す方法はこちら

女性の地声と裏声に関する説明はこちら(女性必見)

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA