【ボイトレ】技術の上に気持ちを乗せよう【知ってて欲しい歌の事】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEEです。

歌を人前で歌う時、あなたはどういう気分で歌っていますか?

 

「気持ち良いー!!」と思いながら歌ってますか?

それとも「自分の歌、微妙だな〜」と思いながら歌ってますか?

 

歌とは、まず自分が気持ち良く歌えなければ、人も気持ち良くなれません。

例えば「高い声が上手く出なくて苦しい」と思ったら、聴いている側も苦しくなります。

これは歌を歌うという事に於いて、とても根本的な話です。

 

しかしここで勘違いをして欲しく無いのは、自分だけが気持ち良くなってはいけないという事。

プロの歌手になる為には、自分が気持ち良くなるのでは無く、あくまでお客さんが満足しなければいけません。

 

自己満足になってはいけない

先程も申し上げましたが、歌っている本人が気持ち良くなければ、お客さんも聴いていて気持ち良くありません。

しかし歌っている本人が気持ち良いからといって、お客さんが気持ち良い訳でもありません。

気持ちが先走って歌がぐちゃぐちゃになってしまえば、お客さんは興醒めです。

 

プロとして人に聴かせるのであれば、最低限の技術というのが必要になります。

それはカラオケで人に聴かせるという事とは訳が違います。

技術が無いのに、勘違いで1人気持ち良くなっている歌手の歌を聴く事は、お客さんにとってとても苦しい事です。

 

気持ちだけでは伝わらない

高いレベルを目指すのであれば、技術の上に気持ちを乗せるというレベルまで持っていきたいもの。

気持ちだけの歌というのは、残念ながらお客さんに相手にしてもらえない事がほとんどです。

なのでそうならない為に、技術を身に付け、その技術に気持ちを乗せて歌えるようにしなければいけません。

正しい技術を学び、より多くのお客さんの心を掴めるよう訓練しましょう。

 

まとめ

自分の気持ちをより多く伝える為には、技術を学ばなければいけない

技術を学べば、声量も表現力も今より数倍大きくなりますよ!

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA