【ボイトレ】豊かな声量を得る為には豊かな響きを習得しよう【基礎作りの徹底】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(BRAD_LEE19)です。

あなたはご自分の声量に満足してますか?

 

どのようにしたら自分のもともと持っている声で、最大限声量を出せるようになるか?

今回はこんな事についてお話をしていきたいと思います。

 

豊かな声量を得る為には、豊かな響きを習得しよう

生まれ持って声量がある人、無い人というのは当然存在しますが「声量がある人=もともと良い発声を持っている人」ではありません。

本当の意味で、豊かな声量を得る為には、豊かな響きを得る必要があります。

そしてそれが最も喉への負担が少なく、燃費の良い発声となります。

 

もともと声量がある人でも、正しく訓練をして豊かな響きを得られるようになれば、今にも増して何倍もの声量が手に入る事でしょう。

またもともと声を発する力が弱く、マイクを使っても声が上手く乗らないという人は、訓練で見違えるほど声が響くようになります。

 

豊かな響きってどういうもの?

豊かな響きによる発声とは、胸や喉に決して邪魔をする力が存在してはいけません。

不純物障害物のようなものが感じられる発声は、良い発声とは言えません。

良い発声は低音から高音まで、気持ち良いくらい頭蓋骨に共鳴するものであり、喉や胸につっかえるものは何一つありません。

 

しかしこれを習得するのは実際とても難しく、低音から高音まで統一された響きを得られるには、それなりの時間がかかります。

丁寧に発声を作り、その感覚を得る訓練をしなければいけません。

 

どうしたら豊かな響きの感覚を掴めるようになるの?

その為にはやはり、声を体で支える感覚を養わなければいけません。

 

支えに関する技術的な説明はこちら

【ボイトレ】支えの技術を徹底解説【声を体で支える方法】

2016.07.08

 

イメージ的には、支えたら体は筒となり、声を発したら、何も邪魔するもの無く頭蓋骨まで一気に声が響く感覚です。

それは日常生活では得る事の出来ない未知の感覚なので、出来るようになるまで体を開発しながら、癖を付けていかなければいけません。

当てずっぽうで声を出しても出来るようにはなりませんので、丁寧に正しい訓練を重ねましょう。

 

まとめ

豊かな響きは、声を体で支える事で得られる

正しい訓練をして、自分史上最高の声量を手に入れよう!

 

声の響きに関する動画はこちら

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA