【ボイトレ】支えを作るための姿勢を覚えよう【基礎作りの徹底】

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEEです。

あなたは普段正しい姿勢で歌えてますか?

 

正しい姿勢とは、いわゆる支えやすい姿勢であり、声に障害の無い姿勢の事です。

ではそれが具体的にどういう姿勢か、お話していきたいと思います。

 

支えを作るための姿勢を覚えよう

そもそも支えとは何か?

具体的な説明は下記リンクをご覧ください。

【ボイトレ】支えの技術を徹底解説【声を体で支える方法】

2016.07.08

 

支えに関する動画も是非ご覧ください♪

 

正しい姿勢は、まず体を真っ直ぐにする事が基本です。

頭のてっぺんの髪の毛を真上に引っ張り、体が吊るされているイメージを持って下さい。

その状態から、背中に息を入れる為に、ほんの少しだけ背中を丸くします。

 

更に歌を歌う時は顔が下を向いたり、上を向いたりしないように気を付けましょう。

なので首は必ず真っ直ぐにして下さい。

「息を吸う→支える→声を出す」という一連の動作において、これが1番支えに力が入りやすい姿勢です。

体がねじれていたり、反ってしまうと支えられなくなるので注意しましょう。

 

私のレッスンではとにかく支えを重視します。

基本は支えと、軟口蓋の上がった高い響きを徹底し、喉は絶対に使わない事です。

効率良くレベルアップする為にもまずは基本的な姿勢を覚えましょう。

 

声の響きに関連する動画はこちら

 

まとめ

支えながら歌う為には、正しい姿勢を覚える事が大切

この姿勢で正しく支えられるようになれば、座りながらでも、寝ながらでも、踊りながらでも歌えるようになりますよ!

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA