【ボイトレ】地声から裏声の切り替えをスムーズにする練習法【女性の声に関する具体的な説明】

一問一答!

高円寺・シャーペッグ・ミュージック・カンパニーのボイストレーナーLEE(@BRAD_LEE19)です。

今回も読者様のご質問にズバズバ答えていきます!

 

今回のご質問はこれ!

名前: ゆめ

性別: 女性

相談・質問のタイトル: 地声と裏声について

相談・質問の内容: 地声で歌っていると 裏声の高い域が出なくなります。

地声だと喉が辛くなるのが分かります。

なので両方の発声練習をしたあとに歌うと徐々に声がかすれてきます。

裏声だけなら どんなに歌っていても大丈夫なのですが…。 何がいけないのでしょうね。よろしくお願いします。

ゆめさん、ご質問ありがとうございます!

「地声から裏声に切り替える時に声が弱くなってしまう」

これは女性に特に多い問題です。

 

では何故このようになってしまうのか?

ご質問にお答えさせて頂きます。

 

地声から裏声の切り替えをスムーズにする練習法

まずご理解頂きたい事は「女性には裏声が存在しない」という事です。

これが分かっていないと「裏声に切り替わる時に声が弱くなってしまう」という現象が起こってしまいます。

 

女性の声に関する具体的な説明はこちら

【ボイトレ】女性必見!女性には裏声が存在しない【高音域で力強い裏声を出す方法】

2016.07.13

 

地声から裏声の高音域に移行した時に、高音域がうまく出ないのは何故?

上記のリンクや、動画をご覧頂ければ分かるように、女性のいわゆる地声と言うのは、喉が開いてない状態の声です。

なので地声から高音域で裏声に切り替えるというのは、喉が締まっている状態から突然高音域で喉を開けるという事になります。

これは低音域から裏声で始まり、その流れで高音域に進むより、当然難しくなります。

 

どうしたらこの問題を改善できるの?

なので基本は低音域から裏声で練習し、より質の高い高音域を出せるようにする事です。

これが出来るようになれば、地声から裏声に移行するのももっと楽に出せるようになります。

 

「地声で歌ってると喉が辛くなる」「裏声だけならどんなに歌っていても大丈夫」というのも、この理論が分かっていれ解決できる問題ですよね。

喉が開いてない状態がいわゆる女性の地声な訳ですから、裏声よりも地声の方が喉にダメージがいくというのは明確です。

 

喉を開けて歌う方法

喉を開けて歌う為には、喉頭(喉仏)を下げて、軟口蓋を上げて歌う事が大切です。

またそれを低音域から高音域まで維持するためには、声を体で支える技術を覚える事が必要になります。

 

喉を開ける感覚に関する具体的な説明はこちら

喉頭を下げる為の技術的な説明はこちら

【ボイトレ】喉頭を下げる事で生まれる3つのメリット【喉頭を下げて歌う方法】

2016.12.11

軟口蓋を上げる為の技術的な説明はこちら

【ボイトレ】軟口蓋を上げて鼻腔共鳴を手に入れよう【喉声を改善する方法】

2016.07.16

 

声を体で支える為の技術的な説明はこちら

【ボイトレ】支えの技術を徹底解説【声を体で支える方法】

2016.07.08

 

まとめ

まずは裏声で低音域から高音域まで、質の高い声を出せるように訓練しよう。

女性も男性も、喉を開ける事が基本ですよ!

 

こちらの動画でも裏声(ファルセット)の出し方について説明しています。
是非ご覧ください♪

 

LEE

シェア、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA